YouTubeKids の使い方

「YouTube Kids(ユーチューブ・キッズ)」は、YouTubeで公開されている動画の中から、小さな子どもが安心して楽しめるものだけを配信するサービスです。

現在はiOS・Android向けにアプリが提供されています。

そこで便利なのがYouTubeKids!!

YouTubeKidsの便利機能 

  • タイマーが付いている
  • 子供向け動画しか見られないようになっている

ウェブ版にはタイマーがついていないのですが、アプリ版にはタイマー機能も付いているので、これを使えば「もう見るのやめなさい!」「やーーだー」という不毛なやりとりをしなくてもOK! 

動画の内容をチェックして慌てて動画を変えなくても、大人が新しい動画を検索したりしなくても、直感的なインターフェイスで子供が勝手に操作できるようになっています。しかも、内容も安心なものだけ。駄目だと思った動画やチャンネルはブロックして見せないようにも設定できます。

YouTube Kidsの初期設定をはじめ、基本的な使い方や知っておきたい便利機能を紹介します。

YouTubeは子どもにはバラエティー豊かすぎる

YouTubeはたくさんのおもしろい動画にあふれています。でも、YouTubeの動画は大人向け子供向け混ざっていて、どんな動画かというのは見てみないと分からないですよね。大丈夫だと思って見せた動画が実は過激なものだったり、大人が見た履歴から提案された関連動画が不意に出て来る事もありますから、注意が必要です。

例えばトップユーチューバーのラファエルさんのチャンネルとか、大人のあれこれを軽妙に扱ってて面白いものもあるんですけど、子供にはあんまり見せたくないですよね! 履歴を消したり、制限をかければいいのですが、それでは大人が不便になってしまいます。


YouTubeKidsで見られるもの

そこで便利なのがYouTubeKids!  普段のYouTubeでは、大人は子どもへの影響を気にせず好きな動画を見て大丈夫なんです。 

YouTubeキッズで視聴できるコンテンツは大きく、「おすすめ」「アニメ・ドラマ」「おんがく」「まなぶ」「はっけん」の4カテゴリに分けられます。

「おすすめ」

は、視聴履歴などから提案された動画ですね。最初は出ないかと思うんですが、何か見ると見た動画を元におすすめ動画が出てきます。その子が好きそうな動画が自動的に選ばれるわけです。

「アニメ・ドラマ」

『ポケットモンスター』や『ひつじのショーン』など人気アニメなどが見られます。

「おんがく」

Eテレのおとっぺ・おしりたんていなどの番組の主題歌、プリキュアの歌など、子供向けの音楽動画、ダンス動画などが見られます。

「まなぶ」

こどもちゃれんじの英語、電車などの乗り物の紹介、科学実験など、見てくれてむしろ嬉しいような勉強になる動画が盛りだくさんです。

「はっけん」

ヒカキンさん、ガチャピンなどのバラエティーっぽい動画が見られます。

Youtubekidsは2~10歳前後を対象年齢としてデザインや音声検索機能が設計されていますので、直感的に操作がわかりやすく、子供でも自分で操作してコンテンツを視聴できます。(普通のYouTubeでも出来ちゃいますが)。

また、iPhoneやAndroidスマホ向けのアプリで横画面による視聴が基本となりますが、Chromecast(クロームキャスト)やApple TV、対応するゲーム機を利用することでテレビの大画面でも楽しめます。少し機能が減りますが、ウェブでも使う事が出来ます。


YouTubeKidsのはじめかた

ここからYouTubeKidsの導入についてご紹介していきます。

iOS,androidのアプリの場合を例に説明していきます。

まずは、アプリ「YouTube Kids」をダウンロードしてください!

Androidアプリをダウンロード(Google Play)

iOSアプリをダウンロード(App Store)

YouTubeキッズの初期設定

「YouTube Kids」アプリをインストール後、動画を再生できるようにするまでの初期設定についてみていきましょう。

YouTube Kidsアプリをインストールして開きます。セットアップが始めるのではじめにをタップします。

保護者の年齢を確認するため、生まれた年を西暦で入力します。

再度確認を求められるので、確定をタップします。

保護者のGoogleアカウントでログイン

コンテンツに関する注意事項を動画で確認して進みます。これは、早送りとかスキップしたりは出来ないみたいですね。しっかり見ましょう。

保護者自身のGoogleアカウントを選択して、次へ進みます。

「保護者の同意」の画面が表示されます。

YouTube Kidsアプリにログインすることで、保護者が設定から子どもがアプリで視聴するコンテンツを管理できることや、YouTube Premium(プレミアム)に関連する案内が記載されています。下にスクロールしながら確認してください。

Googleアカウントのパスワードを入力し、確定をタップすると規約に同意したことになります。

子どもの名前、年齢、誕生月(任意)を入力し、プロフィールを作成します。

誕生月を登録すると年齢がより正確に認識されて、デザインやテキストなどが年齢に合ったものになります。

検索機能のオン/オフを選択します。

オンにすると、YouTube Kidsの動画を子どもが検索して視聴できます。検索をオフにすると検索できず、おすすめに表示された動画から選んで視聴できるだけということになります。

プロフィールの作成ができました。

編集アイコン(ペンマーク)をタップすれば、登録情報を変更できます。

プロフィールアイコンも、子どもの好きなものに設定できます。

以上で初期設定は完了。

はじめるをタップすると、YouTube Kidsのホーム画面に移ります。


押さえておきたいYouTubeキッズの基本的な使い方

YouTubeキッズの基本機能について、子どもが使えるもの、保護者専用のもの、それぞれポイントを紹介します。

子供がつかえる画面

検索をONにしていると、ホーム画面の右上にある虫眼鏡マークが表示されます。虫眼鏡マークを押すと、テキスト入力のほか、マイクマークをタップして音声で検索することもできます。

例えば、「アンパンマン」と入力または話しかけると候補が表示されます。その中から好きな動画をタップすると動画が再生されます。小さな子供に文字入力は難しいので、便利ですね。

画面左上のプロフィールアイコンをタップしてへんしゅうをタップすれば、プロフィール画像と名前を変更できます。

さらにホーム画面右上の歯車マーク(設定)をタップすると、BGMや効果音を消したり、履歴を削除したり、「ひみつのコード」を設定できます。

ひみつのコードは、兄弟姉妹で別のアカウントを使う際などに互いのプライバシーを尊重できる機能です。

保護者向けの基本設定

保護者向けの設定画面を表示するには、ホーム画面右下の鍵マークをタップします。

掛け算を入力して入ります。

「設定」からは新しいプロフィールを追加したり、Chromecastなどを使ってテレビ画面にキャストしたりできます。

通信料が気になる方は、「Wi-Fi接続時のみHD再生」をオンにしておくと、Wi-Fi環境でのみ高画質で再生されるようになり、通信量を抑えることもできます。

視聴時間を制限する「タイマー」機能

ホーム画面右下の鍵マークをタップして、設定したパスワードを入力します。

メニューからタイマーを選択すると1~60分の範囲で視聴時間を制限できます。

スライダーを動かして時間を設定し、タイマー開始をタップ。画面上部のバーが少しずつ減っていきます。

残り時間がわずかになると「残り2分だよ」などと通知され、終了すると「時間だよ、またね!」となります。

再び動画を視聴するには、ホーム画面の鍵マークから保護者が数字またはパスワードを入力し、時間を延長するか、タイマーを終了してください。

タイマーは1日何時間までといった設定はできません。毎回60分設定内ら60分、120分設定なら120分、となります。

万が一、不適切な動画が表示された場合は、動画の右上にある︙をタップし、ブロックまたは報告を選択します。

動画そのものだけでなく、投稿元のチャンネルごとブロックすることも可能で、以後は検索結果として表示されなくなります。


注意点まとめ

ウェブ版では利用できない機能

  • オフライン モードができない
  • 音声検索
  • タイマーの設定
  • 掛け算が出来る、家に九九表がある場合は独自のパスコードを設定
  • 再起動するとまた見られる

 手が離せないから動画見ててほしい!最強のベビーシッターカモン!!っていうときには再起動して渡せばいいですが、子供も再起動したら見られちゃいます。厳密に管理したい方は注意

Youtubeの制限にお困りの方、ぜひ1回使ってみてくださいね!!!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です